事業内容紹介

港湾構造物設計・調査

護岸、岸壁周辺における構造物について、空洞・陥没穴の再発を防ぐ独自の工法を元に設計・調査を行います。

新技術による空洞・陥没穴対策

従来の原型復旧ではなく、空洞・陥没穴の発生原因そのものを取り除く、新たな工法(揚圧力開放型護岸構造)をご提案致します。

湾内波力伝達解析

港湾1つ1つによって異なる様々な諸条件を、独自の解析技法によって解析し、その港湾に最適な設計をご提案致します。

揚圧力開放型護岸構造とは

空洞・陥没穴の再発を防ぐ

従来の施工方法では防げなかった港湾施設の空洞・陥没穴の根本原因を取り除き、その再発を防ぐ事ができます。

人命・災害リスクを未然に防止する

重大な事故を未然に防ぐ事で、港湾施設の信頼性を飛躍的に高める事ができます。

経済的損失を大幅に改善

空洞・陥没穴の発生頻度を下げる事により、災害原型復旧費用の損失を大幅に軽減する事ができます。

ピックアップ

公式ツイッター